Lacy Leadership

Success is Near

SQL Backup10

このページでは、SQL Backup Proを使用してネットワーク共有へのバックアップと たとえば、ローカルサーバーにバックアップを保存するのに十分なディスク領域がないため、ネットワーク共有にバックアップを保存することが […]

このページでは、SQL Backup Proを使用してネットワーク共有へのバックアップと たとえば、ローカルサーバーにバックアップを保存するのに十分なディスク領域がないため、ネットワーク共有にバックアップを保存することができます。 別のサーバーに保存されているバックアップからデータベースを復元する場合、たとえば、非実稼働サーバー上のバックアップを検証するために使用できます。

SQL Backup Proを使用すると、次のことができます:

  • データベースをローカルにバックアップし、バックアップをネットワーク共有にコピーします
  • データベースをネットワーク共有に直接バックアップします
  • ネットワーク共有に保存されているバックアップからデータベースを復元します

SQL Backup Proのネットワーク復元設定は、バックアップまたは復元時のネットワーク停止の影響を軽減できます。 バックアップまたは復元中に接続が中断された場合、SQL Backup Proはデフォルトで30秒後に最大10回まで操作を再試行します。 これらの設定は、コマンドラインまたは拡張ストアドプロシージャから実行されるバックアップスクリプトでDISKRETRYCOUNTおよびDISKRETRYINTERVALキーワードを使用して、バッ バックアップの作成に使用されるネットワーク復元の設定は、バックアップから復元するときに適用されます。

それにもかかわらず、ネットワークの場所に直接バックアップすると、作成後にバックアップをコピーするよりも遅くなり、問題が発生する:

  • ローカルバックアップよりも多くのリソースが必要になるため、SQL Serverの負荷が増加し、バックアップの期間が長くなります。 ローカルでバックアップした後の圧縮データの転送は、ネットワーク経由でデータを書き込むよりも高速です。
  • 外部ネットワークリソースに依存することにより、バックアップのパフォーマンスが予測できなくなります。

ローカルでバックアップし、ネットワーク共有にコピーする

ローカルでバックアップし、バックアップをネットワーク共有にコピーすることをお勧めします。 これを行うには、ネットワーク共有に適切なアクセス許可を設定する必要があります。

セキュリティと権限

  • SQL Backup Proプロセスは、各SQL Serverインスタンスの専用のSQLバックアップエージェントアプリケーションによって制御されます。
  • バックアップを作成してネットワーク共有にコピーする前に、SQL Backup Agent Serviceアプリケーションのアクセス許可が適切に設定されていることを確認する必 SQL Backup Agentサービスの起動とSQL Serverへの接続に使用するユーザーアカウントには、バックアップを作成するフォルダーへのアクセス権が必要であり、SQL Serverへのバッ
  • SQL Backup Agentサービスの起動に使用するユーザーアカウントにバックアップデータベース権限を付与しない場合は、セキュリティを強化するために、SQL Serverに接続す 詳細については、”権限”を参照してください。
  • 必要に応じて、”ロックダウン”されているネットワーク共有にバックアップファイルをコピーすることができます。 これを行うには、別のセキュリティモデルを設定する必要があります。 これはパーミッションにも記載されています。

バックアップのローカル作成

権限を適切に設定したら、バックアップウィザードまたはバックアップジョブのスケジュールウィザードを使用してバッ バックアップウィザードの手順3またはバックアップジョブのスケジュールウィザードの手順4で:

  1. バックアップの場所のローカルフォルダーを指定します。

  2. [バックアップをネットワークにコピー]チェックボックスをオンにし、ネットワーク共有上の場所を指定します。 サーバー名を含むフルパスを入力します。\\ServerName\MyFolder\<DATABASE>のように入力します。 ファイルパスは、選択したSQL Serverに対する相対パスであることに注意してください。 たとえば、ServerAというリモートSQL Serverインスタンス上のデータベースをバックアップすることを選択し、次のようなローカルパスを指定した場合C:\Backupsバックアップファイルは、ローカルサーバーではなくServerAのC:ドライブに作成されます。

    または、をクリックしてフォルダブラウザを開きます。 サーバードロップダウンリストから、ネットワーク共有を選択します。 表示されない場合は、[サーバーの追加Add Server]をクリックして、サーバー名またはIPアドレスを指定します。 他のサーバーは、ローカルサーバーへの書き込みまたは読み取りの適切な権限を持っている場合にのみ、ローカルサーバーに表示されます。 接続しているローカルサーバーの名前とユーザー名がサーバーリストの上に表示されます。 この情報は、一部のサーバーが参照できない理由を説明する場合があります。

  3. テストをクリックして、ネットワーク共有への書き込みに必要なアクセス許可があるかどうかを確認します。

  4. 通常どおり、ウィザードの残りの部分を続行します。

ジョブが実行されると、SQL Backup Proは、指定された圧縮と暗号化を使用してバックアップファイルを作成し、指定されたバックアップチェックを実行し

ネットワーク共有に直接バックアップする

ネットワーク共有に直接バックアップするには、SQL Backup Agentサービスアプリケーションの起動に使用するアカウン

セキュリティとアクセス許可

次の手順では、Microsoft Windows7を使用してアクセス許可を付与する方法について説明します。

  1. Windowsエクスプローラーで、バックアップを作成するフォルダーを右クリックし、プロパティをクリックします。
  2. 共有タブで、詳細共有をクリックします。
  3. 詳細な共有ダイアログで、このフォルダを共有を選択し、権限をクリックします。
  4. 権限ダイアログで、追加をクリックして、ユーザー、コンピュータ、またはグループの選択ダイアログボックスを開きます。
  5. SQL Backup Agentサービスのスタートアップアカウントを検索または入力し、フルコントロールを許可します。
  6. すべてのダイアログボックスでOKをクリックします。

ネットワーク共有へのバックアップの作成

アクセス許可を適切に設定したら、バックアップウィザードまたはバックアップジョブのスケジュールウィザードを使用してバックアップを作成します。 バックアップウィザードの手順3またはバックアップジョブのスケジュールウィザードの手順4で:

  1. ネットワーク共有上の場所をバックアップ場所フォルダーとして指定します。 サーバー名を含むフルパスを入力します(例:\\ServerName\MyFolder\MyFile)。 ファイルパスは、選択したSQL Serverに対する相対パスであることに注意してください。 たとえば、ServerAというリモートSQL Serverインスタンス上のデータベースをバックアップすることを選択し、次のようなローカルパスを指定した場合C:\Backupsバックアップファイルは、ローカルサーバーではなくServerAのC:ドライブに作成されます。

    または、をクリックしてフォルダブラウザを開きます。 サーバードロップダウンリストから、ネットワーク共有を選択します。 表示されない場合は、[サーバーの追加Add Server]をクリックして、サーバー名またはIPアドレスを指定します。 他のサーバーは、ローカルサーバーへの書き込みまたは読み取りの適切な権限を持っている場合にのみ、ローカルサーバーに表示されます。 接続しているローカルサーバーの名前とユーザー名がサーバーリストの上に表示されます。 この情報は、一部のサーバーが参照できない理由を説明する場合があります。

  2. バックアップファイルをネットワーク共有上に作成した後に別の場所にコピーする場合を除き、[バックアップをネットワークにコピー]ボックスはオフのままにしておきます。
  3. 通常通りウィザードの残りの部分を進みます。

ネットワーク共有からの復元

SQL Backup Proを使用して、復元前にファイルをローカルフォルダにコピーするか、ネットワークの場所から直接復元することにより、別のサーバー上のバックアップファイル(またはファイルセット)からデータベースを復元することができます。 新しいデータベースを作成して復元するには、ユーザーにCREATE DATABASE権限が必要であることに注意してください。

復元ウィザード

  1. ドロップダウンリストから復元するバックアップファイルの参照を選択します。
  2. データベースを復元するSQL Serverを選択します。
  3. ファイルの追加をクリックし、バックアップファイルを参照します。 サーバードロップダウンリストから、ネットワーク共有を選択します。 ネットワーク共有が表示されない場合は、”サーバーの追加”をクリックし、サーバー名またはIPアドレスを指定します。 他のサーバーは、ローカルサーバーへの書き込みまたは読み取りの適切な権限を持っている場合にのみ、ローカルサーバーに表示されます。 接続しているローカルサーバーの名前とユーザー名がサーバーリストの上に表示されます。 この情報は、一部のサーバーが参照できない理由を説明する場合があります。

復元するバックアップファイルが誤って”Missing”と表示されている場合は、SQL Backup Agentサービスのスタートアップアカウントに、格納されているフォルダーまたはネッ これを解決するには、SQL Backup Agentサービスの起動アカウントに、フォルダーまたはネットワークの場所への読み取り/書き込みアクセス権を付与します。

復元ウィザードを通常どおり続行します。

復元ジョブのスケジュールウィザード

  1. [復元先サーバーの選択]ドロップダウンリストから、データベースを復元するサーバーを選択します。
  2. 特定の名前のファイルのスケジュールされた復元ジョブを作成する場合は、ドロップダウンリストから特定のバックアップファイルを選択します。 [ファイルの追加]をクリックして、ファイルブラウザーを開きます。

    ジョブが実行されるたびに使用可能なデータベースの最新のバックアップ用にスケジュールされた復元ジョブを作成する場合は、ドロップダウンリストから”フォルダとファイル名のパターン”を選択します。 ソースデータベースの名前を入力し、”フォルダの追加”をクリックしてフォルダとファイル名のパターンを追加します。 をクリックしてフォルダブラウザを開きます。

  3. ファイルブラウザを使用して特定のファイルを参照するか、フォルダブラウザを使用してバックアップが保存される場所を参照します。 サーバードロップダウンリストから、ネットワーク共有を選択します。 ネットワーク共有が表示されない場合は、”サーバーの追加”をクリックし、サーバー名またはIPアドレスを指定します。 他のサーバーは、ローカルサーバーへの書き込みまたは読み取りの適切な権限を持っている場合にのみ、ローカルサーバーに表示されます。 接続しているローカルサーバーの名前とユーザー名がサーバーリストの上に表示されます。 この情報は、一部のサーバーが参照できない理由を説明する場合があります。
  4. 通常どおりジョブの復元スケジュールウィザードを続行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。